【復活!やまのぼらー】第4話-諦めの気持ち

トップ> 登山・キャンプ> 復活!やまのぼらー・リメイク版> 【復活!やまのぼらー】第4話-諦めの気持ち

もう登れない

小仏城山の登山口までアプローチした私は、久しぶりの登山を開始する。
2回目の山登らー人生を歩み始めようとしていた…!

登山開始から5分。普段の生活で運動をほとんどしていなかった私の体は、弁天橋での猛スピードの反動もあって、すでに悲鳴を上げ始めていました。
つらすぎる!
思わず心の声が口からもれ、ひと休みすることに。
肩で息をしながら持ってきた水を飲みながら、考えます。

まだ入り口はすぐそこだから、帰るなら今だ。
道は間違えたし、体力は無いし、暑いし…
もう、自分は山登らーじゃないんだ。

久しぶりということもあり、余裕がなくなってきた私は、諦めの気持ちが大きくなり、しばらくその場で立ち止まっていました。

ここで帰ったところで、誰に怒られるわけでもないから、と。

するとその時、斜面に沿うように風が吹き上げていきました。
汗をかいていた私に爽やかな風を浴びせて、風は頂上に向けて登っていきました。
まるで、もう帰るのかい?と言わんばかりに。

私は、その時、この気持ちの良い風を浴びるために山に来たんだと、思い出しました。
ここで帰ったら、今までと何も変わらない。
時間も、まだ切迫詰まっているわけではないし、遅くなっても高尾山はある程度明かりがあるのと、ケーブルカーもある。
スピードを出して登るのが辛いなら、ゆっくり、辛くない速さで登ろう。
せっかく来たんだから、ゆっくりと、一歩一歩、登って行こう。
そう思い直し、山頂を目指すことを決めました。

こうして、時間を全く気にしない登山が始まりました。

どれだけゆっくりでも、行きたいところに行くことが何よりも重要なことなんだ…
目指せ、山頂!

inserted by FC2 system